革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

糖コントロールフード

ドッグフードは昔と比べて質も向上していますし、メーカーも種類も実に豊富になっています。

フードの質が良くなったことも多少は関係していますが、
食が豊かになるとどうしても肥満という問題も出てきます。
ここは人間だけでなく、犬にも増えている傾向です。

肥満というのは様々な病気の原因になることでもよく知られていますね。
糖尿病もその一つですし、重い体重を支える腰や関節にも負担をかけます。

ただの食べ過ぎだけが肥満や糖尿病の原因になるとは限りません。
犬も体質は遺伝しますので、家系に糖尿病の犬がいれば予防も大切です。
犬種によっても肥満になりやすい犬種がいるので、この場合も食事管理が大切です。

もしも肥満になってしまったり、糖尿病になってしまった場合は、
犬もダイエットできますし、糖尿病の治療も動物病院で行っています。

人間も肥満や糖尿病になれば、食事制限が必要ですね。
犬もこれと全く同じです。

この場合は、糖コントロールフードを選びます。
メーカーによっても配合している成分は多少変わりますが、
糖コントロールフードには糖の吸収の遅い大麦を原料にしています。
食物繊維を豊富に配合して満腹感を出したり、
高タンパクで低カロリーになるよう栄養素なども計算されて配合しています。

糖尿病の場合は、全体的な免疫力も低下してしまいますね。
糖コントロールフードには、免疫力をアップさせるような成分も配合しています。

療法食に切り替える場合には、ドッグフード以外は与えません。
おやつを与える場合も、成分を確認しておかないと、せっかくの療法食も無駄になってしまいます。

犬が欲しがるからあげないのは可哀想、というのは飼い主さんの自己満足でしかありません。
一度見についた習慣を変えるのは、人間と同じように犬も大変です。

しかし愛犬の健康のためには、犬にとって何が一番ベストなのか、これを考えることが大切ですね。
糖コントロールフードだけでも必要な栄養素は十分に摂取できますし、
肥満や糖尿病の悪化も防げるので安心です。
http://www.theobviousblog.net/←ドッグフードをより詳しく知りたい方必見です。