革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

心臓サポートフード

犬も人間と同じように、いろいろな病気になることがあります。

若いときは健康で元気いっぱいだった犬も、
高齢犬になれば人間と同じように老化していくのでそれが原因で病気になることもあります。

心臓病もその代表的な病気のひとつです。
原因もいろいろありますが、
心臓病になった場合には完治させるのは非常に難しく、手術ができない場合もあります。

この場合に役立つのが、心臓サポートフードhttp://www.peacezone.net/です。
もちろん進行を遅らせるための薬をもらって飲ませることもありますが、
心臓に負担をかける食事は避けることも大切です。

心臓サポートフードにも、症状によっていくつかの種類がありますので、
犬の症状に合わせて一番合うものを選びましょう。
心臓病の場合には、リンやナトリウムの量を制限する必要がありますので、
心臓サポートフードではリンとナトリウムのバランスを調整しています。
心臓を健康に保つためと心臓の働きをサポートする、カルニチンやタウリンを配合しているものもあります、

他にもメーカーによって心臓に負担をかけないように、心臓の働きをサポートするような成分を考えて配合します。
心臓病の場合は治療や薬で、進行を遅らせることはできますが、徐々に進行していきます。

初期の心臓病、これ以降の場合には成分の制限量なども変わってきますので、
段階に合わせて心臓サポートフードを変えていく必要もあります。

またhttp://www.humanlikeyou.com/にも書いてあるように、
どこのメーカーにも、段階に合わせていくつかの種類の心臓サポートフードが用意されていますので、
症状に合わせて一番ベストなものを選んであげましょう。
もしも何を選べばいいかわからない場合には、動物病院で聞けば教えてくれますし、
各病院でも療法食を取り扱っているところがあるのでそういうものを選べば安心ですね。

療法食の場合は、病気に合わせてサポートできるように作られているので、
病気以外の犬には不向きな場合もあります。
ドッグフードで体調管理をするのは基本です。
飼い主さんの自己判断で選ぶのではなく、その犬に必要な成分を含んだドッグフードを必ず専門家の指示に従って選ぶようにしてください。
心臓の負担を減らすために血液をサラサラにするDHA配合のドッグフードもありますよ。
より詳しく知りたい方におすすめサイトhttp://familyfunsoftware.com/こちらも是非ご覧ください。