革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

満腹感サポートフード

食が豊かになったといいますが、これは人間だけに限ったことではありません。

犬の主食はドッグフードですが、このドッグフードもとても豊かになっています。
犬種別、療法食など目的に合わせて選択肢も増えていますし、何よりも質が向上していますね。

ドッグフードだけで犬に必要な栄養素を補うことができます。
しかしドッグフードだけでなく、おやつなども豊かになっていますね。

ドッグフードをよく食べるので、ついついあげすぎてしまい太らせてしまうこともあります。
コロコロとよく太った犬も見た目はとても可愛いのですが、
食べ過ぎを続けていれば犬も太りやがて肥満や糖尿病などの病気になってしまうこともあります。

この場合は食事制限やダイエットが必要になりますが、
犬は人間のようにダイエットをするという意識がないので、我慢しろといっても無理があります。
食事を減らされれば、お腹がすきますし、それがストレスになってしまうこともあります。

またhttp://dogsroom.material.jp/にも書いてあるように、
運動も必要ですが、この場合はドッグフードの量を減らすのではなく、
満腹感サポートフードhttp://www.1stop-doggifts.com/が役立ちます。
低カロリーで高タンパクなドッグフードですが、
食物繊維を豊富に含むので量やボリュームを減らしても満腹感があります。
これなら犬もお腹が空かないので満足できますし、ストレスにならずに済みますね。

カロリーを抑えているので、その分ビタミンやミネラルを豊富にするなどの工夫もしています。
肥満犬は体重も重くなるので、体を支える腰や関節にも負担がかかった状態です。
これをサポートするために、関節炎に効果のある成分で有名な、コンドロイチンやグルコサミンもプラス配合するなど、
体重管理以外にも関節のサポートも出来るので便利です。

食事を満腹感サポートドッグフードに切り替えても、今までどおりにおやつ食べ放題では意味がありません。
おやつも出来るだけひかえるのがベストですね。

どうしてもあげたい場合は、ヘルシーなおやつを意識して選んでみましょう。