革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

肝臓サポートフード

肝臓サポートフードは、その名の通り肝臓に問題を抱えている犬のための、療法食です。

肝臓病の場合には、銅を多く含むものは適しませんので制限が必要になります。
含硫アミノ酸量も制限が必要なので、これをひかえつつ消化がよくなるような工夫も必要です。

肝臓は犬にとっても大切な臓器です。
体の中の老廃物を肝臓が綺麗にしてくれるので、
肝臓の機能が低下してしまえば健康にも影響が出てしまいます。
これは人間も犬も同じです。

肝臓病の場合は、動物病院で検査をすればすぐにわかります。
症状も犬によって違いますが、食事も今までと同じというわけには行かなくなります。

もしも動物病院で肝臓病と診断された場合は、
ドッグフードの見直しも必要なので獣医さんからもそのような指示があるはずです。

ドッグフードにもいくつかの種類があります。
カリカリのドライフード、缶詰などが主ですが、療法食にもドライフードと缶詰など種類があります。
犬の性格にも個体差があるので、療法食に切り替えようとしてもなかなか食べてくれないこともあります。

しかし肝臓病のような場合は、
制限しなければいけない成分もあるので通常のドッグフードは食べられなくなります。
ドライフードだけでは食べてくれない場合は、
同じ肝臓サポートのドッグフードの缶詰を混ぜるなど工夫をしてみましょう。

寒い時期には缶詰の中身も固くなっているので、少し温めると香りも増すので犬も興味を持ってくれます。
療法食に切り替える場合は、それ以外のものを食べさせれらません。
頑固な犬はなかなか食べようとしませんが、
ほかものを与えてしまうのは犬の体に負担をかけることになるのでおすすめできません。

療法食に切り替える場合は、根気も必要です。
ついつい甘やかしてしまう場合もありますが、犬にとって何が一番いいのかを優先に考えて行きましょう。
療法食にする場合には、獣医さんの指示に従うことも大切です。

どこのメーカーを選べばいいかわからない場合は、
かかりつけの動物病院で扱っている療法食を試すのが安心です。

こちらには仔犬・成犬・老犬用のドッグフードの特徴が載っています。
愛犬の犬種や年齢に合ったドッグフードに変えてあげることが、体型維持や体調管理をしていく上でとても大切なことになります。
愛犬にいつまでも元気でいてもらうためにも、毎日食べるドッグフードに気を使ってあげましょう。