革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

腎臓サポートフード

犬もある程度の年齢になってくれば、病気がちになることがあります。
もちろん最後まで元気いっぱい&健康で長生きの犬もいます。

犬は人間のように言葉を話せないので、どこか具合が悪くてもそれを言葉で伝えることができません。
なんとなく元気がないとか、食欲が低下している場合は、病気のサインである可能性もあります。

犬の健康管理は、飼い主さんの責任であり義務です。
常に犬の様子を注意深く観察して、
少しでもおかしいところがある時は早めに病院に連れて行ってあげましょう。

犬種、年齢、遺伝や食生活など原因はいろいろありますが、犬にも腎臓の病気があります。
病院での治療も可能ですが、自宅で行う健康管理=食事管理も重要になります。

ドッグフードの中には療法食http://voiceisheard.com/というのがあります。
腎臓が悪い場合には、腎臓サポートフードに切り替えるのがおすすめです。
腎臓が悪い場合には、リンやタンパク質の量を制限しなければいけません。

http://www.wanderers-rest.com/にも書いてあるように、
腎臓サポートフードは、腎臓の悪い犬用にリンやタンパク質の量を調整し、
他にも腎臓に負担をかけず、
腎臓の働きをサポートするような成分を理想的なバランスで配合した特別なドッグフードです。
メーカーによっても配合している成分に多少の違いはありますが、
腎臓に負担をかけず腎臓の働きをサポートする目的は同じです。
どのメーカーにしていいかわからない場合は、獣医さんに相談すればいいフードを教えてくれます。

腎臓の病気になった場合には、おやつなども制限が必要です。
最近はドッグフードと同じように、犬のおやつも健康を考えて、
療法食と同じように成分を選んで使用しているものもあります。

おやつの与えすぎも健康によくありませんが、
突然やめてしまうのも、犬にとってストレスになることもあります。
ドッグフードを療法食に変える場合は、おやつなども一緒に変えていくのが理想です。
もしも市販のもので合うおやつがない場合は、ヘルシーな手作りおやつもいいですね。
http://showeryourpets.com/←ドッグフードについて更に詳しく知りたい方必見です。