革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

関節サポートフード

昔のドッグフードというのは、種類もなくあまり質もいいとはいえませんでした。

今はドッグフードの種類も増え、質もかなり向上しています。
人間は病気に合わせたり、健康状態で食事の内容を見直しますね。
犬も同じように、病気や健康状態に合わせてドッグフードを選べるようになっています。

例えば犬も関節炎を起こすことがあります。
犬種や体型によってもかわりますが、ある程度の年齢になると、
犬も人間と同じように関節を支える軟骨が磨り減ってくるので関節炎になることがあります。

散歩が大好きな犬も、歩くたびに関節に痛みを感じると歩きたがらなくなってしまいます。
他にも歩くときに足を引きずるとか、ビッコを引いているような場合は関節炎のサインである可能性もあります。

関節炎は遺伝することも多いので、同じ家系の犬に関節炎がある場合は犬をよく観察することも大切です。

犬種にも関節炎になりやすい犬種がいます。
この場合は病院で検査をすればすぐにわかりますし、人間と同じように治療も可能です。

さらに食事の内容も見直してみましょう。
ドッグフードの中には、関節サポートフードhttp://xn--qckubrc3d4m.asiaというのがあります。
関節炎といえば、コンドロイチンやグルコサミンという成分が有名ですね。
関節サポートフードには、関節を支える軟骨に必要な成分を食事で補えるように工夫されています。

またhttp://xn--qckubrc3d4m.wsにも書いてあるように、炎症の原因になる、活性酸素を抑える効果のある成分なども配合されていることもあります。
メーカーによって多少成分の違いはありますが、目的としては同じです。

ドッグフードを変えることで、関節炎の対策や治療にも役立ちます。
しかし関節サポートフードに変えたからといって、即効性があるというわけではありません。
回復するまでには人間と同じように時間もかかります。

症状が出始める前に、予防として関節サポートフードを食べさせるのもいいですね。
ドッグフード以外にも、犬用のおやつやサプリメントもあるので、
犬が喜んで食べてくれるものを取り入れてみましょう。